うちのモラ夫「〇〇ハラスメント」

ハラスメントとは簡単に言うと「嫌がらせ・いじめ」のこと。
相手が不快であると感じた場合にはハラスメントとして成立。
〇〇の部分は不快にさせる行為・発言により「パワハラ」や「モラハラ」など

モラ夫からのモラハラを体験したmora-2ですが、
世の中には、モラハラの他にもセクハラやパワハラなど
たくさんのハラスメントがあります。
モラハラに限らず、いろんなハラスメント・嫌がらせなど、
「ちょっと聞いて~~」と話すことで少しでも発散できたらと思います。

投稿はこちら

地獄だ!機嫌が良くても悪くても「ウザイ」モラ夫

自己中モラ夫
スポンサーリンク

不機嫌なモラ夫に気を遣う

 

朝は機嫌よく出て行ったのに、会社で何があったかは知らないけど、
不機嫌になって帰って来るモラ夫。
帰って来た瞬間、顔つき、目つき、口調で分かってしまう。

こうなると腫れ物に触るように神経を尖らせて、怒らせないように
最新の注意を払い気を使う。
ちょっと機嫌を取ろうと恐る恐る話し掛ければ

「あ”?」

と片方の口角を上げ横目でジロリと睨まれる。

「あ・・・いえ・・・べ、別に・・・」

怖~~い。
下手なことをすればキレてモラモラが始まる。
触らぬ神に祟りなし・・・と黙っていれば

「何、あんた。ムスッとして。」

いやいや、ムスッとはしてないです。
ただ怒らせないように静かにしているだけ。

「あー、俺と居るの嫌なんだ。だからムスッとして喋らないんだ。」
「そんなことないよ、ちょっとテレビ観て・・・」
「はぁ、俺と居てもテレビね。」

うわぁ~~、出た。
何を言っても揚げ足を取って御託を並べる。

この間はテレビに夢中になって私が話し掛けても全く聞いてなくて
「う・・・ん・・・」
と生返事
「ちょっと、聞いてる?」
なんて言えば
「うるせぇなー、今いいところなのにあんたが話し掛けるから
分からなくなったじゃん。」

って怒ったことありましたよね。

機嫌の悪い時は、さりげな~~く何かあったのかを聞くが
機嫌がMAXで悪い時は、

「あんたに話したって分からねーわ。」でお終い。

分からなくても、話してくれないとなんで怒っているのか
さっぱり検討もつかない。

 

スポンサーリンク

 

機嫌が良くても気を遣う

 

機嫌がそれほど悪くない時は、その後ずっと喋り続ける。
延々と会社の不満や文句を話す。

「ね、あんたもそう思うでしょ?」

って聞かれても、なんで怒ってるのか分からないので返答のしようがない。

 

一方、気分のいい時は喋る喋る。
ちょっかいを出しながら、テレビの解説をしたり持論を展開する。

一見さんお断りのような高級旅館がテレビで紹介されてる番組を観て

「あー、俺ここ行った。凄い旅館なんだよ。」
「え?こんなとこ行けるの?」
「昔、着物の展示会ここでやったから。」
「ふ~ん・・・」
「女優さんとか有名な会社の社長夫人とかさ、有名人がいっぱい来たんだよ。
それで、この旅館は離れみたいになってて・・・」

はい、始まりました~。
こうなったらもう止まりません。
1時間以上はこの話題が延々続きますよ。覚悟はいいですか?

もうテレビは次の番組へと変わっている。
あ~私の観たかった番組だ。
でも、ほぼ観れない。
モラ夫の話に
ふ~ん・へえ~~・そうなんだ~・ほぉ~・すご~~い
と相槌を打たないといけない。
しかも、
モラ夫のグラスが空くか空かないかのタイミングで焼酎を作らなければ
ならないのだ。

長い、長い、独演会かいっ!
ってなくらい延々としゃべり続けるモラ夫。
寝る直前までしゃべり倒す。

あ~~~面倒くさい。
長すぎて全然モラ夫の話が頭に入って来ないわ。

機嫌が良くても悪くても『ウザイ』モラ夫。

 

相槌なんてテキトーになってますけど、アシカラズ

コメント