うちのモラ夫「〇〇ハラスメント」

ハラスメントとは簡単に言うと「嫌がらせ・いじめ」のこと。
相手が不快であると感じた場合にはハラスメントとして成立。
〇〇の部分は不快にさせる行為・発言により「パワハラ」や「モラハラ」など

モラ夫からのモラハラを体験したmora-2ですが、
世の中には、モラハラの他にもセクハラやパワハラなど
たくさんのハラスメントがあります。
モラハラに限らず、いろんなハラスメント・嫌がらせなど、
「ちょっと聞いて~~」と話すことで少しでも発散できたらと思います。

投稿はこちら

勝手にスマホを見たモラ夫。おかしいと気付いたのか?

さらばモラ夫
スポンサーリンク

おかしいと気付いた?

 

私が家を出る決心をしてから、今までと変わらないようにしてきた・・・
つもりだったが、モラ夫は何かおかしいと感じていたらしい。

 

ある日、お風呂に入っていると
ドカドカと大きな足音がしたかと思ったら、いきなりお風呂のドアが開いた。

そして

「あんた、男いるでしょ。」
「は?」
「男とLINEしてるじゃん。」
「???・・・・してないけど。」
「はぢめって男とLINEしてるじゃん。」

ヤバっ・・・

昔、もう何十年も前に、友達に誘われて行ったボーリング大会で
一度会ったことのある男。

数年前に、偶然にも長女がバイトしていた先がその「はぢめ」の居酒屋だった。

その時、はぢめは長女を巧みに騙し、長女の名前で消費者金融からお金を借りたのだ。
全額を即返済してもらうために、当時はぢめと連絡を取っていた。

その話はモラ夫も知っているはず。
ちゃんと話もしたし、はぢめの名前も教えたはずなのに覚えていない?

監視する意味もあって連絡先を残していたのがマズかった・・・

LINEを良く見れば分かることだけど、向こうが一方的送ってくるだけで、
私は全く返してないから。
返信する気もない。
この男、頭悪いのか無視しても送り続けてくる。
既読スルー

でも、モラ夫はそんなことに気付かない。
そんな余裕はないようで、男がいると興奮している。

っていうか、おいおい私のスマホ勝手に見たんか~い!

「あれはトリちゃん(以前一緒に働いていた鳥谷さん)だよ。
はぢめ・・・はトリちゃんの子供の名前。」
「会いたいとかっていってるじゃん。」
「最近会う機会ないし、たまにはお茶したいってことでしょ。」
「胸さわっちゃったとか言ってるジャン。」
「一緒に働いていた時からそういうことする子だった。」

ここで、「人のスマホ、勝手に見たの?」と言えば
「見られたらやましいことあるんだ、はぢめっていう男と浮気してるんだ。」
と言うから、あえて言わない。
見られてもマズいことなんてないし。の姿勢。

はぢめは長女の・・・と以前のことを説明しても、
「その男とずっと繋がってるんだ。」
と言うだろうから、元同僚のトリちゃんということにした。

「あのー今シャンプーしてうるから、お風呂あがってからに
してもらえます?風邪ひいちゃうし。」
「あ、動揺してる。やっぱ男じゃん。・・・」

あーはいはい。
モラ夫がまだ何か言いかけてるのを無視して、お風呂のドアを閉めシャンプーを続ける。
ギャーギャー言いながらモラ夫は戻っていった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ずっと私のスマホを見ていたのか?

 

全く、勝手に人のスマホ見て・・・
前に私がちょっとだけモラ夫の携帯を見た時なんて
人格を疑うとまで言っていたのに。

 

そう言えば、最近・・・

掃除とかお風呂とか席を外して戻ってくると、
スマホが待ち受け画面になっていることが多々あった。
ずっと弄ってなければ、待ち受け画面にはならず電源OFF状態になっているはず。
なんで、電源入ってんの?
あれ~?って不思議に思っていたんだけど

見てたんだ。
ずっと。

私が戻って来るから慌てて、充電器に戻してたからなんだ。

うわぁ~~~嫌だ。
ひぃえ~~~引くわ~~~。

男が女のスマホを勝手に見るなんて・・・
女が見る・・・っていうのは良く聞くけど。

サイテー~~~。

 

正直、私も以前はモラ夫の携帯(その頃はスマホはない)を見たことはある。
その時はモラ夫は他の女とメールのやり取りしていたし、
「モラ夫さんの住んで居る所、見てみたい」
などとハートマークが付いたメールが来ていた。
モラ夫もまんざらではない様子で
「その時は案内するよ。」なんて返していた。

「ほぉ~~、コノヤロー、他の女とメールしやがって!!」と思ったけど、
モラ夫に「何このメール!他に女が居るの!!」
なんて追及はしたことはない。

そんなことを言ってもモラ夫は、携帯を見たことを咎めて怒るだけで
自分のしていることには、触れないから。

いつもなら、冷静に頭で計算して自分が不利になるようなことはしないが、
私が家を出る決心をし、密かに準備を進めているので何か変だと感じたのか、
冷静に計算できなかったようだ。

正直に、はぢめは勝手に送ってくるだけだと言えばいいのだろうけど
そんなこと通用する男ではない。
していない事までしていると言い切る男だ。

絶対私の言うことなんて信じない。
余計に疑うだけ。

なんとかトリちゃんということで誤魔化したけど・・・
ヤバイヤバイ、気をつけなくては。

家を出るという思いがより一層強くなった。

コメント