私のモラハラ体験談!募集中!!

あなたのモラハラ体験談を募集しています。
モラ夫からあんな事された、こんな事された・・・
頭に来たけど面と向かってモラ夫に言えない。
そんな思いを教えてください。
よろしければ記事内で紹介します(もちろん匿名で)。
同じ思いをしている人はたくさんいます。
みんなで共有しましょう。

投稿はこちら

ウソか?本当か?霊感のある同僚に助けられた?モラ夫。

自己中モラ夫
スポンサーリンク

ウソ?本当?霊感のある同僚・・・

 

責任者をしていた営業所が閉鎖になり、退職金でパチンコ三昧だったモラ夫。
その退職金も使い果たし、生活に困って週払いの警備の仕事に就いた。
警備の仕事・・・聞こえはいいが、交通誘導員。
俗にいう旗振り

雪が多く降る地方なので、一斉排雪なるものがある。
道路脇に溜まった雪を大型ダンプカーに雪を積んで、排雪場所に運ぶもの。
モラ夫も交通誘導に駆り出された。

その時に一緒に誘導していたHさん。
Hさんについてモラ夫が語ったお話。

Hさんは霊感があって、見えるそうだ。

久し振りにお兄さんと食事をしたHさん。
Hさんのお兄さんは刑事さんで、殺人事件を追っていた。
お兄さんを見るなり、Hさんは行ったこともないその殺人事件の現場の
様子と、そこから逃げていく男のみなり・恰好・風貌が見えて
お兄さんに、こういう男だと伝えた。

後日、Hさんの見えた男が逮捕された。

 

スポンサーリンク

 

 

 

二人一組での排雪の誘導。
道路左レーンを規制して行う。
雪の降る中、誤って車が左レーンに進入して来ないように誘導する。

すると、いきなりHさんがモラ夫にもっと下がれと言う。
少し下がるが、危ないからもっともっと下がれと言った。
そんなに下がったら、見えなくて誘導できないだろう・・・
と思いながら後ろに下がった。

と、

同時にビューンっと車が突進してきた。
危ない危ない。
あと、1m下がるのが遅かったら・・・

と、
モラ夫は仕事(誘導)から帰って来て、お風呂に入って
ビールを飲みながら話す。

「へぇ~~、Hさんって見えるんだ・・・」
「あまりにも見えるからイヤなんだってさ。」
「ふ~~ん。でも、殺人事件のは凄いよね。」
「うん、どんな服着てて、何歳くらいとか特徴が見えたんだって。
なんか、見ると疲れるって言ってたな。だからあまり見ようとしないんだって。」
「へぇ~。」

「俺だってさ、今日Hさんが下がれって言ってくれなきゃ死んでたな。」
「う~ん・・・そんな直前?いや直後か?のことまで見えるんだ。」
「ん?・・・あ、ああ。見えたんじゃない?」

ん?あれ。目、泳いだ?

「それでさ、命の恩人だからHさんと食事にでも行こうと思うんだけど。」
「あああ、Hさんってあんまり人と付き合うのが好きじゃない人。」
「いや、好きじゃないんじゃなくて苦手な人だよ。」
「ああ、そう。」
「だから、Hさん命の恩人でしょ?居なかったら俺死んでたんだよ。」
「うん・・・」
「だから・・・」

と言って手を出すモラ夫。

「ん?」
「ん?じゃなくて、ご飯食べに行くお金。」
「Hさん行くって?」
「いや、まだわからん。これから誘う。」
「ふ~~ん・・・」

怪しい(ー_ー)!!
さっきの殺人事件の話の時のモラ夫は目を輝かせていたけど
車が突っ込んで来た話になると、なんだか目が泳いでないかい?
しかも、
Hさん、仕事以外は家に篭ってるって言ってなかったっけ?
人とは関わりたくないからって。
まあ、見えちゃうからイヤなんだろうけど。
人ごみも行きたくないって。
以前、モラ夫が言ってたと思うけど。。。

「じゃあ、もし、Hさんが断ったら返してね。」
「うん、わかった!」

ニコニコ顔のモラ夫。

結局、お金は返って来なかった。
Hさんと食事に行ったのかも定かではない。

一緒に行ったわけではないので、ウソだったのか本当なのか
それすらも分からない。
たぶん、モラ夫のことだからお金が欲しくてウソをついたのだろう。
目が泳いでいたし、Hさんが仕事以外で出かけるとは思えないから。

全く、卑怯な手口を使いやがる!!

コメント