うちのモラ夫「〇〇ハラスメント」

ハラスメントとは簡単に言うと「嫌がらせ・いじめ」のこと。
相手が不快であると感じた場合にはハラスメントとして成立。
〇〇の部分は不快にさせる行為・発言により「パワハラ」や「モラハラ」など

モラ夫からのモラハラを体験したmora-2ですが、
世の中には、モラハラの他にもセクハラやパワハラなど
たくさんのハラスメントがあります。
モラハラに限らず、いろんなハラスメント・嫌がらせなど、
「ちょっと聞いて~~」と話すことで少しでも発散できたらと思います。

投稿はこちら

私はお世話係なのか?早く出逢っていればお袋の面倒を・・・

自己中モラ夫
スポンサーリンク

もっと早くに出逢っていればお袋の面倒を見てもらえた?

 

 

モラ夫は、妻をお世話係や道具としか見ていないのではないのかという疑惑。
家の中のことは全て妻がやるのが当たり前、口は出しても手は出さないモラ夫。

モラ夫は最初からそのつもりだったようで・・・・

モラ夫が母親の話をした時のこと。

母親が病気(癌)になったので、東京から実家へ戻って来たモラ夫。
地元に営業所を出してもらって所長になった。
家がボロボロだったので高気密の家に建て替えたが、
何年もしないうちに母親がボケ始めたという。

「ばあさん、ボケちゃって道路の真ん中で寝ていてトラック止めたりしてさ、
良く会社に電話来たよ。お母さん道路の真ん中で寝てるよ~。って」
「え~~?」
「何回もあったよ。」
「ふ~ん・・・」
「夜遅くに仕事から帰ってから家の中掃除しないといけなかったし。」
「なんで?」
「お袋ボケて排泄物をその辺に・・・・」
(お食事中の方がいらしたらすいません・・・)
「あら~」
「もう、疲れて帰って来てるのに、ホントきつかった。
猫もいっぱい居たからその世話もしなくちゃいけないし。」
「へぇ~大変だったんだ。役所に行ってヘルパーさんとかは?」
「行ったけどダメだって。何もしてもらえなかった。」
「いや~~そんなはずないと思うけど・・・」

あの頃は・・・もう、デイサービスとかもあったし、入れてもらえると
思うんだけど。
そのあたり、モラ夫が無知だったからなのか。

たぶん、予想として
モラ夫は母親が徘徊するからなんとかしてくれって言ったんじゃないのかな?
デイサービスとかは日中の時間が決まっている。
モラ夫としては夜も看て欲しかった。
もう、そうなると老人ホームみたいなとこになると思う。

特別養護老人ホーム
ここはすぐに入ることは出来ない。
みんな順番待ちをしている。

が、

無知なモラ夫。
すぐに入れて欲しいと言ったのでは?
役所の回答は今すぐは無理です。
介護の認定とかも、モラ夫の母親はされてなかったんじゃないかな?

モラ夫の思った通りにはいかなかった。
だから、何もしてくれなかった発言になった。
たぶん、そんなとこ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そして、モラ夫は

「あんたと知り合っていたら面倒みてもらえたのに。」

え?
え?
何?
私に面倒をみろと・・・?
知り合っていたとしても難しいかも。
私も仕事していたし、子供もいるし。
モラ夫の母親が他界したのが私と知り合う1年程前らしいから、
その前となると長男はまだ保育園児。

モラ夫の話では徘徊していたようだしあの状態では目が離せない。
朝から晩までずっと付いていないといけない。

そりゃ無理でしょ。
結婚もしていないし、仕事もあるし子供の手は離れていない。

私は薄情なのか?
モラ夫は最初からお世話係や道具のように使えばいいと思っていたのか?

いやいやいや・・・

普通、言う?

「親の面倒見てもらえたのに」なんて。

もう、何年も経っていて親とも旧知の仲ならば理解できるし、
お世話も出来たかもしれない。

でも、モラ夫と知り合ってまだ間もない頃。
あまりモラ夫のことも母親のことも良く分かっていない時期に言われても、
???ってなる。

つまり、モラ夫は”妻や彼女はお世話係や道具”。
自分で嫌なことは妻や彼女がやる。
という思考の持ち主だったってこと。

いつでも、なんでも自分の都合ですか・・・

コメント