うちのモラ夫「〇〇ハラスメント」

ハラスメントとは簡単に言うと「嫌がらせ・いじめ」のこと。
相手が不快であると感じた場合にはハラスメントとして成立。
〇〇の部分は不快にさせる行為・発言により「パワハラ」や「モラハラ」など

モラ夫からのモラハラを体験したmora-2ですが、
世の中には、モラハラの他にもセクハラやパワハラなど
たくさんのハラスメントがあります。
モラハラに限らず、いろんなハラスメント・嫌がらせなど、
「ちょっと聞いて~~」と話すことで少しでも発散できたらと思います。

投稿はこちら

味方にならないモラ夫と愚痴ることが出来ない妻

モラ夫
スポンサーリンク

会社での愚痴を言えば・・・

 

私の会社の先輩、女性社員K女史の彼氏さんがモラ夫と同じ職場。
そのK女史がちょっと曲者。

スリムだし若かりし頃は美人だったようで。
本社から部長が来ると
「イイ女だ、イイ女だ」と褒めるちぎる。
それに対して、「そんなことないですよ~」とか謙遜も否定もしない。

典型的な男に媚びるタイプ=私の嫌いなタイプ

そしてK女史、そこそこ意地悪である。

会社で意地悪とかされていと家に帰ってから話を聞いて欲しくて
モラ夫に愚痴るが、モラ夫は私には同意しない。
K女史の肩を持つ。

「K女史、韓国行って来たんだって。みんなにはお土産渡してたのに、
私にだけ無いんだよ。別に欲しいってわけじゃないけど、なんかおかしくない?」
「土産、足りなくなっちゃたんじゃないの?」
「2個ずつ渡しているんだから、足りなくなったら1個にすればいいんじゃない?
私ならそうするけど・・・ってより、数確認して持ってくるけど。」
「う・・・ん・・・」
「私より後から事務所に来たMさん(男)には、小走りで行ってそっと渡してたよ。
Mさんありがとうございます。って言ってたし。」
「ふ~ん。」

聞いてないなコイツ。

「聞いてる?」
「うん。何、あんたそんなにお土産欲しいの?」
「そうじゃないって。会社に女は二人しか居ないんだよ。男ばっかりにやるってさー。
なんかあの人、全てがそんな感じで女の私は除外されてるような・・・」
「貰えなかったからってグチグチ言って、欲しかったらくれって言えば?」
「はあ?」(怒)
「いいじゃん別に。K女史のどこが悪いの?」

ブチッ!

 

スポンサーリンク

 

 

私の味方じゃないんだ・・・

 

怒りをグッと堪えて

「それだけじゃないんだって。事務所の中の掃除も私の机のとこだけ
やらないんだよ。他のとこはみんな掃除するのに・・・」
「なんであんたのとこだけやってないって分かるの?」
「だって私のとこにだけゴミがあるもん。」
「たまたまなんじゃないの?」
「1回や2回じゃない、毎回だよ。」
「自分で掃除すればいいんじゃねーの。」
「してますぅ。」
「じゃあ、それでいいじゃん。」

ブチッ、ブチッ!

「そうじゃなくて、意地悪だと思わない?」
「あ?なんで?」
「・・・・っもう!私がA主任の下について一緒に仕事するようになってから
なんかすっごく意地悪されてる気がする。」
「勘違いなんじゃねぇ?」
「ゴミ箱のゴミだって私のはそのままだし、伝達事項だって私には言わないし・・・
酷くない?」
「いいじゃん別に。何?その主任とやらとなんかあるの?」
「誰が。」
「あんたが。」
「あるわけないじゃん。」
「どうだか。」
「ないです。あるんだったらK女史の方。」
「じゃあ、いいだろ。なんか問題ある?」

「そうですか!私が悪うございましたっ!!」

話さなきゃ良かった・・・
愚痴るんじゃなかった。

ただ、ちょっとでも同意してくれればスッキリしたのに。
余計にイライラが募る。
いくら同僚の彼女とはいえ、モラ夫は味方にはなってくれないんだな。

 

そう、モラ夫はいつも私が愚痴ると私ではなく、愚痴った相手の肩を持つ。

永遠に私の味方ではないのだ。

 

コメント