うちのモラ夫「〇〇ハラスメント」

ハラスメントとは簡単に言うと「嫌がらせ・いじめ」のこと。
相手が不快であると感じた場合にはハラスメントとして成立。
〇〇の部分は不快にさせる行為・発言により「パワハラ」や「モラハラ」など

モラ夫からのモラハラを体験したmora-2ですが、
世の中には、モラハラの他にもセクハラやパワハラなど
たくさんのハラスメントがあります。
モラハラに限らず、いろんなハラスメント・嫌がらせなど、
「ちょっと聞いて~~」と話すことで少しでも発散できたらと思います。

投稿はこちら

「お金ないなら無理して高校いかなくていい」と言うモラ夫

自己中モラ夫
スポンサーリンク

長男よりも自分が第一

 

私は子供を連れての再婚。
モラ夫はそれを百も承知で一緒になったはず。
一度だけ実家に挨拶に来た時、母に
「子供を中心に・・・」
と言われ
「は、それはもう当たり前のことで長男君を第一で・・・」
と言っていたモラ夫。

でも、それはモラ夫の営業トークだった。

長男を第一になんて考えたことはない。
なんてったって一番が自分なんだもん。
長男のことは全くのノータッチでシャットアウト。

なのに、

「俺には家族はいない。」

と、自分からシャットアウトしておいて、被害者的に言う。
どうやったら、そんなことが言えるのか・・・

 

スポンサーリンク

 

無理して高校いかなくていい

 

長男が高校受験で技術系の高校を受け、合格した。
他の同級生達は塾に行ったり家庭教師をつけたりしていたが、
長男は塾にも行かず、家庭教師もつけていない。

自力で受かった長男になぜか対抗意識満々のモラ夫。

「俺も長男が受かった高校には行けたんだけどさ、おふくろしか居なかったし
通うに大変だからって、担任が○○農業高校にしろって言うからそっちにしたんだ。
ま、主席だったけどね。」

「ふ~ん・・・・」

だから何?
長男が受かった高校はモラ夫の通っていた高校よりランクは上。
自分より下の人間が自分より優位に立つのが気に入らないのだ。
常に自分が一番上じゃないと気が済まない。

そして、主席だとさりげなく自慢・・・

入学前に制服や体操着の購入やらの準備でお金が必要になると、お決まりの

「俺は知らん、俺の子じゃないし。」

とばかりに我関せず状態。
実家が出すのが当たり前と思っている。

実家の親も可愛い孫のために制服やカバンは買ってくれるという・・・が、
他にも入学金やら教科書代諸々で結構かかってしまう。

「教科書代とか他にもいろいろ買わないといけないんだよね。」

と言っても

「ふ~ん、じいばあ出してくれるんじゃないの?」
「えー、だってもう制服と体操着とカバンは買ってくれたんだよ。」
「教科書とか他にも買わないといけないんだって言えば?」

はあ?
言っておきますけど、あんたは長男と養子縁組していてあんたの戸籍に
入っているんですけど。
一応あんたは父親ってことになってるんですよ(養は付いてるけど・・・)

そして・・・

「そんなに金ないんなら無理して高校行かなくていいんじゃないの?」

と言い出した。

はぁ?ナニソレ!
そんなこと言える?ってか言う?
信じらんない。

「長男第一」が聞いて呆れるわ。

「母親は貧乏でも俺を高校に行かせてくれた。」
と自慢していたのに。
しかも、
「高校なんて行かないで働け。」と。

そうね~、私の連れ子だもんね。
でも、
長男の同級生でも母親が再婚して、お相手の方はスッゴクお父さん
をしていた。
長男のメガネを壊してしまったからと、お子さんと一緒に我が家に
謝りに来てくれた。

その点、モラ夫は・・・・自分のことだけ。

この辺で男の器がわかるよね~

 

 

コメント