うちのモラ夫「〇〇ハラスメント」

ハラスメントとは簡単に言うと「嫌がらせ・いじめ」のこと。
相手が不快であると感じた場合にはハラスメントとして成立。
〇〇の部分は不快にさせる行為・発言により「パワハラ」や「モラハラ」など

モラ夫からのモラハラを体験したmora-2ですが、
世の中には、モラハラの他にもセクハラやパワハラなど
たくさんのハラスメントがあります。
モラハラに限らず、いろんなハラスメント・嫌がらせなど、
「ちょっと聞いて~~」と話すことで少しでも発散できたらと思います。

投稿はこちら

嫌がらせ?モラ夫にドタキャンを強いられ、友達をなくす・・・

自己中モラ夫
スポンサーリンク

モラ夫は最初から計算づくで嫌がらせする

よくよく考えてみると、嫌がらせ?
ってかさ、要は自分勝手なだけなんだけど・・・

 

付き合い始めた頃、モラ夫は

「今までどんな人と付き合ってきたの?」

と聞いてきた。
昔の男のことなんて言いたくない。
昔と比べたくないし、比べられたくない。

「ん?・・・う~ん・・・昔のこと聞いてどうすんの?」

と言い渋る私に

「あんたのこと、みんな知りたいから。」

とクッサイ恋愛ドラマのうようなことを言う。

「ね、いいじゃん。俺の前はどんな男と付き合ってきたの?」

しつこく聞くモラ夫に根負けして渋々答える。

「地元の人ではなく、隣のN市の人。」
「で、どっか出掛けたりしたの?」
「あ、う、うん・・・」
「どこ?一泊とかしたの?」

あーしつこい。
言いたくないんだから聞くなよ。

「いや・・・近場、日帰りかな。」テキトーに返事。
「なんで別れたの?」

えーそんなことまで聞く?

「他の女がいいって・・・」
「ふ~ん、じゃあその女と結婚したんだ。」
「いや、その女の人は岡山の人のとこへ行って結婚した。」
「え?じゃあ、N市の男とより戻したんだ。」

んなことないでしょ。
より戻していたら、ここには居ない。

「いや、連絡あったけど無視した。」
「へぇ~~」

モラ夫が見下したような目つきで見ている。
あ、やば。
余計な事言っちゃった。

モラ夫の誘導尋問の罠にかかり喋ってしまった・・・
これが後々モラ夫の嫌がらせの材料となる

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

モラ夫は一緒に暮らすようになると、そのモラハラを最大限活用するようになる。
「あんたのことみんな知りたいから」などと言って誘導尋問で聞き出した
過去の男(元カレ)のことを頻繁に持ち出す。

友達からのメールに返信していると

「何?男とメールしてんの?」
「違うよ。T子だよ。」

これで終わればいいけど

「これからホテルでも行くの?」
「違う、T子。保険の話っ。」

また始まったか・・・と思うと語尾が強くなってしまう。

「あ、怒った。当たってるからだ。」

おいおい、人の話をちゃんと聞けよ。

「だから、違うって。」
「あー、ほらほら。」

こんなのは序の口。

 

前に一緒の会社で働いていたT子とO美と三人で久しぶりにご飯でも
食べに行こうという話になった。
モラ夫には3週間前に一度話す。

「3週間後の〇日に、T子とO美とご飯食べに行かないかって誘われたんだけど。」
「ふ~ん。」
「会社辞めてからだから2年ぶりかな?」
「ふ~ん、行けば?」

モラ夫の目の前でT子に電話をしてOKの返事をした。

2週間前、1週間前にもモラ夫に話し、「行けば。」と了解を得る。

が、

2日前に話すと・・・

「明後日だよ。T子達とご飯行くの?」
「は?何のこと?」
「もう3週間前から言ってるじゃん。2年ぶりにT子とO美とご飯に行くって。」
「知らん。聞いてない。」

あ”?

「言いましたけど。〇日にご飯に行くって。」
「聞いてない。」
「行けばって言ったじゃん。」
「知らん知らん。言ってない言ってない。」

はぁ?
何言ってんだコイツ。

「あんたの目の前でT子にOKの返事しましたけど。」

しばらく間をおいて「あっ。」とモラ夫が言い

「そうか、そういうことか。」
「何が?」
「あんた男に会いに行くんだ。」
「はあ?何言ってんの?」
「あんた、N市の前の男と会うんでしょ。」
「違います。」キッパリ!
「あー、そうだったのか。ふ~ん。」

またか・・・もう、いつもこれだ。

「違うって。T子とO美と一緒だって。メール見せようか?」

小馬鹿にしたように顔の前で手を左右に振りながら

「あーいい、そんなもん見なくても。N市の男とご飯食べて
ホテルでも行ってシッポリとしてくればいいじゃん。」
「は?何言ってんの。違うって言ってるじゃん。」
「所詮、女なんてすぐ浮気する。」

ガチーン!!
アッタマに来た。
T子とのメールをモラ夫の目の前に出し

「ほら、見て。ちゃんとT子達とご飯行く話のメール。」
「あ、そんなもん見なくていい。」
と言い、私の手を払いのけた。

「あーあ、俺もその辺の女捕まえてホテルでも行くかな。」

行けるもんなら行けば!!
クッソが~~~!!!!!!!!

その場でT子に電話をし

「ごめん、行けなくなっっちゃった・・・なんか親が具合悪いみたいで・・・」

ウソついた。
ごめん、T子・・・

もう、ホントにムカツク。

それ以降、あまり私は誘われなくなった。
当然だよね。

他にもPTAの慰労会でも、当日ドタキャン。
すべて、モラ夫がグダグダ言ったため。

 

モラ夫は当日や前日になって知らないと言い、私を行かせないように
計算してやっているに違いない。

嫌がらせにもほどがある(怒)

 

 

 


  

 

コメント