ちょっと聞いて~~「〇〇ハラスメント」

ハラスメントとは簡単に言うと「嫌がらせ・いじめ」のこと。
相手が不快であると感じた場合にはハラスメントとして成立し、
〇〇の部分は不快にさせる行為・発言により「パワハラ」や「モラハラ」など

モラ夫からのモラハラを体験したmora-2ですが、
世の中には、モラハラの他にもセクハラやパワハラなど
たくさんのハラスメントがあります。
モラハラに限らず、いろんなハラスメント・嫌がらせなど、
「ちょっと聞いて~~」と話すことで少しでも発散できたらと思います。

投稿はこちら

も~嫌だ!飲み会の迎えと寝るまでの計算づくのコント。

未分類
スポンサーリンク

飲み会の迎え、勘弁してくださいヨ

 

モラ夫、会社の飲み会がある時は私に送り迎えを強要する。
一旦家に帰って来て喉が渇いたとか言って、行く前にビールを飲む。
これから飲み会に行くのになんで家で飲んで行くのか?
理解出来ない。

送って行くときはまだいいけど、問題はお迎え。

だいたい終わる時間が分かるので家で連絡を待っているが、一次会のみという約束で
行ったのに、延々と連絡が来ない。
電話をしても出ない。
日付が変わろうとしている頃にやっと電話に出たモラ夫。
三次会に行ったらしくベロンベロン。
ロレツが回らない。

スナックだかに居るらしいが大きな声で

「母ちゃん、もうちょっと。」

・・・デカイ声。
ベロンベロン。
もう、この時点で迎えに行くのがイヤになって来た。

「もう、遅いしそろっと迎えに行きますけど。明日仕事なんで。」
「うぁい、了・解ですっ!」
やめろや、そのデカイ声、恥ずかしい。
店内中に響くだろ。

お店の近くまで行くと
居たわ。
遠くからでも何処に居るかすぐに分かる、なで肩。
そして、人一倍デカイ声で話すモラ夫。

イヤだな~イヤだな~~と思いながら近くに車を止め
会社の方々に挨拶をしようと車から降りると

「お、母ちゃん。」

その呼び方ヤメテもらっていいですか?
もう、モラ夫は無視。

「いつもお世話になっております。」と挨拶。

早々にこの場から立ち去りたい。
早く車に乗ってくれ~~~!
なのに、モラ夫
「うちの母ちゃんはね~」
と喋りだす。
「母ちゃんの身体は・・・」とか下ネタ満載。

喋るな、恥ずかしい・・・早く乗れや!

お店の前で大声で喋り倒し、会社の人たちも困惑している雰囲気。
会社の人にすすめられて、やっと車に乗ったモラ夫。

「いや~~飲んだ。」
「キレイなおネエちゃんのいるお店に行けてよかったね。」

棒読みでちょっとイヤミっぽく言ってみるが、モラ夫は上機嫌で聞いていない。

 

 

スポンサーリンク

 

コントのような酔っ払い、計算か!?

 

車を走らせると私の身体を触って来るモラ夫。
その手を払い

「運転中!危ないからやめて。」

と冷たく言い放つ。
すると今度は靴を履いたままダッシュボードに足を投げ出す。
それ、やめてくれる?私嫌いなんだけど、それ。

「腹減ったなー」
「いろいろ食べたんじゃないの?」
「なんも食ってねぇ、ずっと飲んでた。コンビニ。」

会費払ってるんだから、飲んでばっかりじゃなくてちゃんと食べてくればいいのに。
コンビニで車を止め中に入るが、フラフラして真っすぐに歩けない。
商品を選ぶにも時間がかかるモラ夫。
こんなになるまで飲まなくても・・・
やっとカップ麺とおつまみを買い、家に向う。

「あーー、気持ちわりぃ。」
「車の中では出さないで。」
「うぇ~~っ」

やめろ!!
ここで出したら降ろすからね。

もう少しで家に着くというタイミングで眠り出すモラ夫。
なぜ今?静かなのはいいけど・・・

家に着いて車を止めても寝ている。
「着きましたけど、ねぇ!」
何度も起こすがなかなか起きない。

やっと起きて車から降りると立ちション。
そして、玄関を入る前に必ずコケる。
「あ痛っ。なんだこの段差。」
「シーッ、夜中なんだから静かにして。」
「ああ”?喋って何悪い。」
「だから、し・ず・かに話して。」
「うあ?」
完全にただの酔っ払いだ。

玄関を入ると必ず上がり框につまづいて転ぶ。
次に靴を履いたまま上がり
「あっ、靴!」
と言われ、靴を脱ごうとして転ぶ。

毎回繰り返される玄関でのくだり。

あれだけ飲んできたのに、またおつまみを食べながら缶ビールを空ける。
カップ麺にお湯を注ぐが、ビールもカップ麺も半分も食べれず寝始めた。

ああー、カップ麺に顔が浸る・・・
おーっと、ぎりぎりセーフ。
カップ麺で溺れてはいけないので、無理やり起こし寝室へ誘導する。
が、
フラフラで階段を一、二段上がったかと思うと下がったり。
一段上がると二段下がったり。
お前はコントか!
と突っ込みたくなる。

やっと寝室へたどり着きスーツを着たままベッドに倒れこむモラ夫。
スーツを脱がすのも一苦労。。。。
はい、手。
反対の手。
はい、腰上げて。
はい、足。
反対。

私の掛け声に従って即座に上げる手足。
自分でできるんじゃねぇ?

これが飲み会の度に毎回。
モラ夫は分かってやっているんじゃないかと思う。
玄関前でコケるところや、玄関を上がって転んだフリして寝転ぶ、
階段を上がったり下がったり・・・
服を脱がしてもらうときの反応の良さ。

わざとやっているんじゃないかと思う。
だって、酔っぱらって記憶が無い!
なんてことはほとんど無く、常に計算して生きているモラ夫だから。

コメント