うちのモラ夫「〇〇ハラスメント」

ハラスメントとは簡単に言うと「嫌がらせ・いじめ」のこと。
相手が不快であると感じた場合にはハラスメントとして成立。
〇〇の部分は不快にさせる行為・発言により「パワハラ」や「モラハラ」など

モラ夫からのモラハラを体験したmora-2ですが、
世の中には、モラハラの他にもセクハラやパワハラなど
たくさんのハラスメントがあります。
モラハラに限らず、いろんなハラスメント・嫌がらせなど、
「ちょっと聞いて~~」と話すことで少しでも発散できたらと思います。

投稿はこちら

「本社勤務!」突然届いたモラ夫からのLINEに歓喜!!

さらばモラ夫
スポンサーリンク

久々にモラ夫からのLINEに安堵した

 

モラ夫との関わりを完全に絶つために、一緒に購入した同機種で色違いの
スマホを新しいスマホに機種変し、契約者もモラ夫から変更。
銀行口座の名前も変更して、モラ夫の痕跡を消した。

やっと、モラ夫からの呪縛から逃れられる・・・と思った矢先。

来ちゃったよ。
モラ夫からのLINE・・・

「引っ越しで片付けてるんだけど、なんか要る物あったら取りに来て。」

あ?引っ越し?
一人だからアパートにでも引っ越すのかな?
一軒家だと家賃高いし。

「ふ~~ん。引っ越すんだ。」
「うん。今度、本社勤務になったんだ。」
「ふ~~ん。」

ほぉ~、本社勤務ね。

「だから俺、言ったじゃん。3年待てって。」

え?聞いてないし。

「え?そんなこと言ってましたっけ?」
「言ったよ、3年我慢すればって。」

聞いてません・・・他の誰かに言ったんじゃないの?

「ん?そう?」
「そうだよ。本社勤務になれば家賃は会社から出るから楽になるし、給料もあがる。
本社だよ。こんな田舎で不便なとことは違うんだよ。」
「ふ~ん・・・」

あ、そう。勝手に行っちゃって~~。

「ねぇ、一緒に行く?」

はあ?行くわけないだろ。

「行かない、仕事あるし。」
「辞めればいいじゃん。仕事なんてしなくて大丈夫だよ。」
「いや、そういうわけにはいかない。代わりいないし。」

給料が上がろうが、環境が変わろうが、あんたは変わらない。

「ふ~ん、なんか要る物あったら取りに来て。」

ない。

「もし、私の物があったら捨てていいよ。」
「うん。あ、いつでも俺のとこに来ていいから。」

行かない、絶対行かない。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ん?本社勤務?
引っ越し?
ってことは、モラ夫はこの地域から居なくなる。
ヤッター\(^o^)/

毎日、どこかで出くわすんじゃないかとビクビクしていた。
モラ夫の家と私の会社が近いので、コンビニやスーパーでモラ夫が居ないか
きょろきょろと周囲を伺っていたけど、もう、そんな心配もいらなくなる。

保険外交員の友人に話した。

「モラ夫、今度、本社勤務になるんだって。」
「えー、そうなの?どうやって分かったの?」
「ご丁寧にLINEで知らせて来た。」
「えー、知らせるんだ。」
「要る物あったら取りに来いってさ。要らんけど。」
「置いて来たんだから、要る物なんてないよね。」
「うん、本社勤務だから家賃も会社から出て、給料上がるから一緒に来ないかって、さ。」
「へぇ~~。行くの(うふふふ・・)」
「行くわけないじゃん。でもさ、今時、会社から家賃なんて出るのかな?」
「う~ん、最近聞かないよね。家賃だすなんて。住宅手当とかはあるけど。」
「だよねー。」
「でも、モラ夫さん、彼女近くになっていいじゃないの?」
「ああ、人妻って言ってるから、いいんだか悪いんだか。」
「本社勤務になるってことは・・・栄転?」
「うん・・・そうなのかな?給料上がるって言ってたし、本人はその気みたい。」
「へぇ~~、一緒に行かなくていいの?」
「やだー、行かないよ。行くわけないじゃん。」

楽しい話は尽きない・・・

 

あーこれで、本当にモラ夫がいなくなる。
良かった~~。

でも、どうやら栄転ではなさそう・・・なのだ。。。

 

 

コメント