うちのモラ夫「〇〇ハラスメント」

ハラスメントとは簡単に言うと「嫌がらせ・いじめ」のこと。
相手が不快であると感じた場合にはハラスメントとして成立。
〇〇の部分は不快にさせる行為・発言により「パワハラ」や「モラハラ」など

モラ夫からのモラハラを体験したmora-2ですが、
世の中には、モラハラの他にもセクハラやパワハラなど
たくさんのハラスメントがあります。
モラハラに限らず、いろんなハラスメント・嫌がらせなど、
「ちょっと聞いて~~」と話すことで少しでも発散できたらと思います。

投稿はこちら

キレる前に避難!!酔ったモラ夫は愛犬1号にもキレる。

愛犬にもモラハラ
スポンサーリンク

酔ったモラ夫がキレる前に避難する1号

 

愛犬1号
彼はうちに居る愛犬の中で一番長くモラ夫と暮らした犬。

毎日お酒を飲んではモラモラが始まるモラ夫。
ある一定の量に達すると愛犬1号はリビングからモラ夫に気付かれないように
そっと姿を消す。
物音を立てずに忍び足で・・・

姿を消す場所は・・・
モラ夫がキッチンに立ち入らない限り絶対にモラ夫からは見えない
キッチンの冷蔵庫の前。
全身をブルブル震わせて怯えた目でジッと息を潜めている。
その姿が可哀想で。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

モラ夫は1号には厳しく躾をしたと言う。
が、
自分の思うようにならないと怒鳴る。
(怒鳴れば言うことをきくと思っているのでしょうか・・・)

お酒を飲んで酔いがまわってくると大声で1号を呼ぶモラ夫。

「1号!」

なんで酔うとあんなに大きな声を出すのか、1号は怒られていると思って、
怖くてなかなかモラ夫の許に行けない。
すると、呼んでもなかなか来ないので、さらに大きな声で

「1号!」

と怒鳴る。
1号は尻尾を下げ、怯えながらゆっくりゆっくりモラ夫の許へ。

「なんで呼んだらすぐに来ないんだ。あ”?」

と言って、顎の下からグイッと顔を掴む。

あー、それダメだよ。ゆっくりでも傍に来たんだからさー。
怒るなんて余計1号が委縮しちゃうじゃん。

「何ブルブル震えてんだ。イヤなんか。」

あんたが大声出したり、怒ったりするからじゃん。

「もういい、嫌なら来なくていい。あっち行け。」

あーまた始まった。
そんな言い方する?

あまりにも可哀想なので

「ちょっと・・・そんな言い方したら怖くて余計に震えるじゃん。」
「俺の犬を俺が呼んで何が悪い。来ない方が悪いんじゃねーの?」
「いやいやいや、呼び方をさ、もう少し優しく呼ぶとかさー。」
「なに!?俺が悪いの?」
「いや、悪いとかじゃなくてー」
「はぁ~ん、俺の唯一の家族だと思ってた1号まで。どうせ俺なんて天涯孤独だし、
そこら辺で野たれ死にすればいいと思ってるんでしょ。」

またそれか・・・

「そんなこと言ってないでしょ。」
「いいわ、もう俺なんて。ふんっ。」

と言ってガンッとテーブルを蹴って寝室へ行ったモラ夫。
そういうことばっかりしてるから、1号は怯えるんじゃん。
ちゃんと覚えているんだから。

なので、1号はモラ夫のアルコール摂取量がある一定量までくると
避難を始めるようになった。

愛犬にもマジでキレるモラ夫。
「俺はペットには躾もちゃんとして可愛がっている。」
って言うけど何か違うような・・・

愛犬のお世話は私がやってますけどっ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

酔ったモラ夫に距離をおく1号

 

ある日の夜。
場所は寝室。
今日のベッドは大人二人と愛犬3匹。

「1号、来い。」

と1号を呼ぶモラ夫。
ブルブル震え腰が引けた状態でゆっくりモラ夫の元へ向かい、
恐る恐るモラ夫の腕にアゴを乗せる1号。

「久しぶりだな。」
とご満悦なモラ夫だが

「ナニ震えてんの?」
怖いからですわ!

以前、1号はモラ夫の腕枕で毎日寝ていたが、最近はモラ夫のモラモラが怖くて
長男と一緒に寝るよになった1号。
と、いうかモラ夫がキレて1号が可愛そうなので長男が寝る時に一緒に
連れていくように仕向けたんだけど・・・

しばらくはモラ夫の腕枕で目を閉じてジッとしている1号だが、モラ夫が寝息を立て
寝付いたと分かると、そっとベッドを抜け出し床で寝るようになった。

1号が居ないことに気付いたモラ夫は
「1号!どこ行ってんだ。来い!!」
と呼ぶ。
また、1号はモラ夫の腕枕で横たわるが、モラ夫が寝るとベッドを抜け出す。

他の2号3号はベッドでぐっすり寝ているが、1号はベッドにあがることもしない。
イヤなんだなぁ~・・・
毛布を出して床に置くと、毛布にくるまり悲しそうな顔をして私を見つめてから眠る1号。
不憫でならない。

モラ夫がモラハラさえしなければ・・・
敏感で繊細な1号はすぐに察知しビクビクする毎日。

あんたに愛犬1号2号3号のお世話は絶対に出来ない、させない。
自分の感情だけだから・・・

あんたにペットを飼う資格はない!!!

コメント