私のモラハラ体験談!募集中!!

あなたのモラハラ体験談を募集しています。
モラ夫からあんな事された、こんな事された・・・
頭に来たけど面と向かってモラ夫に言えない。
そんな思いを教えてください。
よろしければ記事内で紹介します(もちろん匿名で)。
同じ思いをしている人はたくさんいます。
みんなで共有しましょう。

投稿はこちら

出向先から初帰省、実家泊も深夜まで帰らないモラ夫。

自己中モラ夫
スポンサーリンク

初帰省、実家に泊めてもらうが・・・

 

愛知へ出向し、初めてのゴールデンウィーク。
もう、地元にはモラ夫の家もないので、私の実家に泊めてもらうことにした。

さすがにGW、道路は渋滞で到着が大幅に遅れた。
モラ夫は帰省した日に友達と飲む約束をしていて、渋滞で到着時間が大幅に遅れたので
私の実家へ顔を出すこともなく、すぐに飲み会の会場へ。

私の両親にしてみれば

「泊めてくれと言っといて顔も出さず、挨拶もせずに飲み会?」

と、当然カチンとなる。
そうでなくても、モラ夫のことをあまり良く思っていない実家両親。
飲み会の時間に遅れても、泊めてもらうのだから実家両親に挨拶くらいは
しておかないと・・・

でも、モラ夫はそんなことはお構いなし。
一人で好き勝手に生きて来たので、その辺の付き合い方を知らないのか
友達との約束が大事なのか。
世間一般の常識というのが通用しない。

私は実家でモラ夫のお迎えの連絡待ちをしていたが、両親のイライラで
針のむしろ状態。
居たたまれなくなって、早めに実家を出て近くの駐車場で待機。

やっとモラ夫から連絡があり、指定されたお店の近くに迎えに行くが
なかなかお店から出て来ない。
何度電話をしても電話にも出ない。
早く帰らないと、両親が寝ちゃうよ・・・
気持ちばかりが焦る。
両親に挨拶さえしておけば・・・遅くなると思うから先に寝てと言えたのに。
でも、モラ夫は顔を出すこともしていない。

やっとお店から出て来たモラ夫。
帰るのかと思いきや、一緒に飲んでいた人たちも車に乗り込んできて

「ラーメン、ラーメン食べ行くし、マスターのこと行って。」

え?まだ帰らないの?
いくらなんでも、もう10時半を過ぎているし(都会ではまだ早い時間だけど、
田舎ではもう寝る時間)、これから帰っても11時半近くになる。
泊めてくれって頼んだのにそれはないでしょう。

だけど、

モラ夫だけなら言ったかもしれないが、友達も一緒だったので言い出せずに
ラーメンを食べにマスターのお店へ。

 

スポンサーリンク

 

 

深夜の帰宅、もう泊めてはもらえないね

 

お店に着くと、ビールだの酎ハイだのと飲み始めた。
いやいやいや。いくらなんでもマズイでしょ。

「あんたもラーメン食べればいいじゃん。」

ちゃっちゃとラーメン食べて帰ろうよ。
モラ夫に小声で

「早く帰らないと、ばあさん達寝ちゃうよ。」

と暗に顔を出していないことを訴えた。

つもり・・・だった。

が、

「あ、遅くまで待っててもらわなくていいよ。先に寝ててもらって。」

あ”?
アンタばか?
これが逆で、あんたが待ってる方だったら激怒してるでしょ。
まず、顔を出さなかったことで激怒するよね。
ジョーシキないって。
そのうえ、帰りが遅くなって「待っててもらわなくていいよ。」って。
初めて実家に泊まるのに。
両親だって、待つよ。普通。
いくら気に入らない相手だとしても。

でも、モラ夫は全くそんなことを気に掛けることなく、酔っ払って
喋り続ける。
時々、向こうでの生活を私に振って来るが
「う、う・・ん・・・」
モラ夫の話なんて頭に入ってない。

やっとラーメンを頼んだが、飲み過ぎて半分寝ているモラ夫。
寝てるんだったら、要らないんじゃないの?

車を飛ばしてやっと家に着いた。
当然、両親は寝ている。
だって、もうとっくに日付が変わってるから・・・

翌日、お昼近くまで寝ているモラ夫。
やっと起きて来てキチンと挨拶もせずにタバコを吸う。

(おいおい、昨日は遅くなってすいませんとかお世話になります。
とか挨拶があるだろう。)

当たり前の顔してタバコ吸っちゃって。

「昨日はずいぶんと遅かったね。」

と母が嫌味を言う。

「あー、久し振りに会ったもんで・・・飲み過ぎちゃって・・・」

まだ半年も経ってないけど、愛知へ行ってから。
なぜ、キチンと挨拶できない?
昨日は渋滞で遅れてしまって、友達と会う約束をしていたから
顔も出さずにすいません。
とか、
ついつい話に夢中になって帰りが遅くなってしまって・・・
とか、
アパートを引き払ったので泊めていただいてありがとうございます。
とか、言えないのか!

両親は怒っているので、不穏な空気。
居ずらくなって早々に実家を出て、ビジネスホテルで残りの1泊を
することにした。

当然ながら、もう二度と実家へ泊まらせてもらえなかった。

 

モラ夫には世間一般の常識が通用しない。
独自の自分に都合のいい常識しか持ち合わせていない。

コメント