家庭用脱毛器を賢く選ぶポイントとは?

誰もが憧れるムダ毛のないすべすべの素肌。脱毛サロンやエステなどで処理する方法もありますが、「通うのが大変」だったり、「お金がかかる」などで、なかなか一歩踏む出せない人も。
そこで、おうち時間が増えた昨今、フラッシュ式・レーザー式の家庭用光美容器が人気となっています

自宅で脱毛できれば手軽なうえ、費用も抑えることも可能ですが、「どの商品を選べばいいのか迷ってしまう」、「家庭用脱毛器って痛いんじゃないの?」という方に、家庭用脱毛器・光美容器の種類や選び方のポイントを人気の5機種から紹介していきます。家庭用脱毛器・光美容器を選ぶ際の参考にしてみてください。

家庭用脱毛器を選ぶ際のポイントとは?

おうち時間が増え、自宅で脱毛ができると需要が高まっている家庭用脱毛器ですが、「どれを選んでいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、価格やコスパ、使用可能箇所、効果など、家庭用脱毛器を選ぶポイントを紹介します。また、家庭用脱毛器というと「痛い!」というイメージがありますが、本当に痛いのか?も合わせて紹介します。

家庭用脱毛器を選ぶ際に重要な4つのポイントとは?

家庭用脱毛器はどう選べばいいのか?選び方のポイントを確認していきましょう。選び方のポイントは大きく以下4つです。

4つのポイント

  • フラッシュ式かレーザー式かで選ぶ
  • 価格やコスパで選ぶ
  • 性能や効果で選ぶ
  • 使いやすさや使用可能部位で選ぶ

それぞれ詳しくみていきましょう。

フラッシュ式かレーザー式かで選ぶ

家庭用脱毛器の脱毛方式にはフラッシュ式とレーザー式があり、どちらも肌に光を照射することで毛根にダメージを与え、ムダ毛を生えにくくするという仕組みは同じです。

家庭用脱毛器の多くは「フラッシュ式」を採用しています。IPL(インテンス・パルス・ライト)など特殊な光を使い、ムダ毛ケアをする方法で、手早く全身を処理したい方におすすめです。

一方、「レーザー式」はフラッシュ式よりも効果は高いといわれていますが、照射面積が狭く時間がかかるのがデメリットとなっていますが、色黒の方や細かい部位の処理におすすめです。

フラッシュ式でもお手入れを続けていれば高い脱毛効果を期待できます。

フラッシュ式の特徴(家庭用脱毛器のほとんどがこのタイプ)

・痛みが少ない
・脱毛初心者向け
・広範囲の脱毛に向いている
・スピーディーにお手入れできる

レーザー式の特徴(このタイプの脱毛器は少なく、国内では1製品のみ)

・痛みを感じやすい
・効果を早く実感しやすい
・ピンポイントで高い効果を発揮する
・濃いムダ毛を処理したい人におすすめ

それぞれの特徴を参考に、フラッシュ式かレーザー式かを選んでみてくださいね。
家庭用脱毛器ケノン脱毛ラボBiiTo2LAVIEトリア
脱毛方式フラッシュ式
USPL
フラッシュ式
IPL
フラッシュ式
THR
フラッシュ式
IPL
レーザー式
ダイオードレーザー
効果
痛み
リンク詳細詳細詳細詳細詳細

価格やコスパで選ぶ

家庭用脱毛器の購入価格は、安いものだと1万円台、高いものだと10万円近くするものもあります。
どうしても購入価格で選んでしまいがちですが、「長期的にみてお得か」ランニングコストも重要です。

カートリッジ交換式の脱毛器の場合、照射回数を打ちきるとカートリッジを買い替える必要がありますが、交換不可の脱毛器は本体ごと買い替えなくてはいけません。

家庭用脱毛器を選ぶ時は購入価格だけでなく、カートリッジにかかる料金や照射可能回数なども踏まえたうえで検討すると良いでしょう。

 ケノン脱毛ラボBiiTo2LAVIEトリア
価格(税込)69,800円71,478円59,840円基本セット
54,780円
美顔セット
59,180円
40,530円
最大照射回数300万発30万発35万発35万発電池の寿命
500回充放電
照射面積7.0㎠※4.16㎠3.72㎠6.0㎠直径1cm
(円型)
カートリッジの
交換可否

※ケノン本体に装着されているスーパープレミアムカートリッジの照射面積

性能や効果で選ぶ

脱毛器を選ぶ際、照射範囲はどのくらいか、レベル調整はできるかなどの性能もチェックしておきたいポイントです。

照射面積が狭いとケアに時間がかかるため、手間に感じてしまい、途中で脱毛自体を断念するケースも…。
一方、照射面積が広いと、一度にケアできる範囲が広いので、手早く処理を済ませることができます。また、部位ごとに肌質・毛質は異なるため、レベル調整があると安心です。

他にも、肌への負担を軽減しながら脱毛できる「連続照射機能」、痛みや肌トラブル対策として「冷却機能」などが搭載されているか、というポイントにも注目して選んでみてください。

さらに、公式サイトに「使用〇回で効果を実感できる」など、効き目が表れる時期について言及されているかどうかも確認してみましょう。効果に自信のある脱毛器は、記載されている場合が多いです。

「ユーザーの口コミ評価」も参考にしても良いでしょう。

 ケノン脱毛ラボBiiTo2LAVIEトリア
照射面積7.0㎠※4.16㎠6.0㎠3.72㎠直径1cm
(円型)
レベル調整10段階5段階5段階7段階5段階
冷却機能
冷却不要
美肌機能

※ケノン本体に装着されているスーパープレミアムカートリッジの照射面積

使いやすさや照射可能部位で選ぶ

脱毛器を選ぶ時、使いやすさや使用可能部位も重要となってきます。

定期的に使うものだからこそ、使いやすさが大切です。使ってみたら不便だった・・・ということも少なくありません。
光を当てやすく、簡単な操作で使えるものを選びましょう。

家庭用脱毛器は自動照射、スピーディーな連続照射など、使い勝手にもこだわるモデルが多いのが特長です。

次に、脱毛器を使用できる部位をチェックしましょう。

脱毛器は、商品ごとに「照射可能な部位」が決められています。

家庭用脱毛器の多くは腕・脚・脇・ボディ・Vラインといった部位は使用可能ですが、顔面・ ヒゲ(男性の場合)・ IOラインの部位については、使用できない脱毛器もあります。

そのため、あらかじめ脱毛したい部位を決めておき、脱毛したい範囲に使用可能な脱毛器かどうかもチェックするようにしましょう。

 ケノン脱毛ラボBiiTo2LAVIEトリア
脱毛にかかる
時間
片ワキ10秒全身15分片ワキ
5~6分
照射間隔
3~8秒
片ワキ
4~5分
腕・脚・脇
ボディ
Vライン
顔(ひげ)
IOライン
リンク詳細詳細詳細詳細詳細

家庭用脱毛器おすすめ5機種

では、ここからは先ほど紹介した選び方を元に、人気のおすすめ家庭用脱毛器(光美容器)を5機種を紹介していきます!

ケノン
圧倒的NO.1!家庭用脱毛器で迷ったらコレ!
価格:69,800円(税込)
脱毛方式:フラッシュ式(USPL)
カートリッジ交換:可 7,900円~20,200円(税込)
照射回数:レベル1で300万発
照射面積:7.0㎠
レベル調整:10段階
ハンドピース重量:120g
使用頻度:2週間に1回
保証:1年間(オプションで最大3年間)
照射面積「7㎠」と広いのが特徴で、短時間で確実にムダ毛ケアができます。
片腕ならたったの5.6秒でOK!
レベル1で「300万発」、最大のレベル10で「50万発」照射。
平均的な体形の女性なら、最大出力レベル10で使っても、全身約1,200回使用できます。
計算すると1回あたり「58.16円」で全身脱毛が完了!
コスパと使いやすさが両立するのは、ケノンだけ!
脱毛ラボホームエディション
脱毛サロンと同じ業務用パワーにクーリング機能搭載!
価格:71,478円(税込)
脱毛方式:フラッシュ式(IPL)
カートリッジ交換:不可
照射回数:30万発
照射面積:4.16㎠
レベル調整:5段階
重量:277g
使用頻度:使用開始から3ヶ月は2週間に1回
以降は1ヶ月に1回
保証:1年間
脱毛サロンと同じ業務用パワーで、VIOも顔も全身使える優れもの!
全身脱毛約300回分を実施でき、連射モードの使用により全身たったの15分でケアが完了
万が一故障しても、1年間の無償交換が可能なので安心
LAVIE(ラヴィ)
本気の光エステで脱毛と同時にツルすべ素肌へ
価格:基本セット 54,780円(税込)
美顔セット 59,180円(税込)
脱毛方式:フラッシュ式(IPL)
カートリッジ交換:可
照射回数:10.5万発
照射面積:7.4㎠
レベル調整:7段階
ハンドピース重量:約136g
使用頻度:2~3週間に1回
保証:2年間
従来モデルよりも照射パワーが150%にアップし、濃いムダ毛にもしっかりアプローチ。
強力な脱毛力とともに、日本の厳しい管理のもとで製造されているため、高品質な脱毛を実現。
肌に優しい作りになっているためVIOを含めた全身脱毛が行えます。
動作音を抑えて照射が出来るミュート機能も搭載。

CLEAR/SP BiiTo2

3つの照射モード搭載で敏感肌でも安心!
価格:59,840円(税込)
脱毛方式:フラッシュ式(THR)
カートリッジ交換:可
照射回数:35万発
照射面積:3.72㎠
レベル調整:5段階
重量:450g
使用頻度:1週間に1回
保証:1年間
肌の色が一定の黒さを超えると照射できなくなる「肌色感知ストッパー」、肌に密着しないと照射できない「接触センサー機能」、一定時間操作されないと電源が切れる「自動オフ機能」搭載。
デリケートゾーンも、IラインとOラインにもしっかり対応している数少ない脱毛器です。
トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X
家庭用脱毛器で唯一のレーザー方式でクリニックレベル!
価格:40,530円(税込)
脱毛方式:レーザー式
カートリッジ交換:不要
照射回数:ー
照射面積:1.0㎠
レベル調整:5段階
重量:約584g
使用頻度:2~4週間に1回
保証:2年間+30日間返金保証
家庭用脱毛器の中でも国内唯一のレーザー式の脱毛器で、強力な脱毛力を実現!
アメリカでの認可を受けているため、医療機器として安心して使用することができます。
レーザー脱毛なので、光方式では難しいヒゲ脱毛も可能で、男性にもぴったりな脱毛器です。
コードレスなうえ、唯一自立するデザインで場所を取らずにスマートに収納できます。

まとめ

5機種を中心に家庭用脱毛器を選ぶポイント紹介しました。

脱毛サロンに通うのは時間や経済的に難しい方には、おすすめなのが家庭用脱毛器です。
外出をしなくても自宅で時間に縛られずに脱毛が行えるため、おうち時間が増えている今、利用者が増えています。

家庭用脱毛器は、使ってすぐに毛が抜けるというものではありませんが、繰り返し使用する事で毛が生えにくくなったり生えるスピードが遅くなる効果があります。
長期的に使い続ける必要があるので、自分の用途に合わせた脱毛器を選ぶことが重要です。

今回紹介した中でも、「ケノン」はカートリッジや光の強さを変える事で照射範囲や威力を変えられるなど、使い勝手が良いので、初めて家庭用脱毛器を使いたい方や、脱毛器を買い替えの方などすべての人におすすめです。

お気に入りの脱毛器を見つけてエステサロン気分で楽しんでみましょう